2009年02月22日

Blenderをソースコードからビルド

GraphicAll.orgで色々なカスタムビルドのBlenderをダウンロードしていると、なんとなく自分でもソースコードからコンパイルしてみたくなったりするかもしれません。

●Windowsでのビルド
WindowsであればBlender.jpのフォーラムにAnonymousさんの詳しい解説がありますので、そちらを参考にするのが間違いないと思います。
CMake + Visual C++ 2008 Express EditionによるBlender SVNのRelease版ビルド方法

私もWindowsでは、こちらを参考にしてビルド環境を作っています。
ただし、CMakeを使うこの方法だとBlender2.5のようなファイ構成の変化が激しいものでは、かなり頻繁にビルド不可能になってプロジェクトファイルを作り直さなければならなくなります。

●Linuxでのビルド
私は64bit環境としてLinuxをメインにしたいと考えていますので、Ubuntuで64bit版のビルドの環境も整備してみました。

英語になりますが、Blender.orgのドキュメントにBlenderのBuildについての詳しい説明があります。BlenderDev/BuildingBlender
私はLinuxでのビルドはこちらを参考にして行っています。

このページを見ていただくとわかりやすいのですが、Blenderは現在「Gnu Make」「Scons」「CMake」の3種類の方法でのビルドをサポートしています。Building Blender for Linuxには、Sconsを使用した方法でのビルドの仕方が詳しく書かれています。

実際に使ってみると、LinuxでSconsを使ったビルドでは一度環境を整備してしまえば、
$ cd ~/blender-svn/blender
$ svn update
$ python scons/scons.py
という3行分の入力だけで最新のBlenderを構築できるようになって、とても便利です。

ちなみに3番めのコマンドは、現在のUbuntuに標準で用意されているSconsのパッケージのバージョンが少し古いため、Blenderのソースファイルの中に入っているSconsを使っているという状況です。

もし、自力で最新版のSconsをインストールしておけば、
$ scons
だけになります。デュアルコアなどのマルチCPUを使っているのであれば、後ろに「-j2」というようにオプションを付けるとコンパイル時間を短縮できます。
posted by mato at 02:58| Comment(2) | Blender | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。